スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記憶の中のシュークリーム
我ながら食いしん坊だな~と思うんだけど、昔、小さい頃に食べた美味しいもので忘れられないものがたくさんあります。

例えば。。。

Nおばちゃんが作ってくれたハンバーガーとか...
おばあちゃんが作ってくれた黄色いカレーとか...
Mおいちゃんが作った柿入りのしゃぶしゃぶのたれとか...
父とのドライブ途中に寄った田舎のレストランとか...
別府に行ったら必ずと言っていいほど寄っていたちゃんこやさんのアジのたたきとか...

どれも残念ながら作った人はその存在自体を忘れ、お店は今はもう無い。。。

そんな数々の記憶の中の美味しいものたちの中に、小学校低学年くらいの頃、父の知り合いの方が手土産に持って来てくださった袋に入ったシュークリームがありました。

ひとつひとつ、袋に入っていて、大きすぎず、小さすぎず、柔らかい薄い皮、バニラビーンズの入ったカスタードクリームがたっぷり詰まったシュークリーム。

最近は、クッキーシューやら、パイシュー、生クリームの入ったものなど、ちょっと変わった(そうでもない?)シュークリームばかりで、普通のがないでしょう?
それに、サイズがちと大きすぎやしませんか?あんまり大きいと食べにくいよ。
お店の人に「もう少し小さくして値段を安くしませんか?」と言いたくなっちゃう。
程度な大きさってもんがあるでしょう?

おっととと、話がちょっと横道にそれましたが、そんな記憶の中のシュークリームに朗報が!

先日、地元のフリーペーパーを見ていてビビビッ!ときました。
「復活シュークリーム…往年のファンの声に応えて復活したシュークリーム。
柔らかなシュー生地とバニラビーンズ入りのまろやかなクリームは、相性も抜群です。」なる記事が載っているではありませんか。

早速買いに行ってみましたよ~。

DSC_0973.jpg

シールはちょっと違う気もするけど、こんな袋だったことは間違いありません。

DSC_0974.jpg

大きさも手のひらサイズ。中身もカスタードだけで、皮も柔らかく薄いです。

お店は、大分県中津市にある渓月堂。
ここのお店は和菓子がメインだけど、どれもとても美味しいです。
しかも、試食が多い。シュークリーム2個だけ買ってもお茶のサービスがある。
アンケートに答えるとお土産までくれるという、なんともサービスの良いお店です。

で、記憶の中のシュークリームはここのだったかというと、
食べてみて、う~ん、ここのだったような気もするけど、違う気もする、というのが正直な感想。

でも、一番近い味でした。

記憶の中の美味しいもの探し、面白いのでお店以外のものは自分で作って再現してみようかな~。





現在、ポーチをオークションに出品中。
日曜の夜に終了予定です。

ポーチ001ポーチ002

ポーチ003






クッキーと盛岡冷麺
安定期に入ったとはいえ、毎日毎日リッティの激しい遊びに付き合うのは、ちょっとしんどい。

家のなかでもリッティが満足することはないか、と考えたところ、思いついたのがお菓子作り。

クッキーを作ってみました~。

手をベタベタにしながらも楽しそうに作業をするリッティ。

粘土みたい。。。と、ひらめいて、手形クッキーも作ってみたよ。

クッキー01


もうひとつ、食べ物ネタで、初体験の盛岡冷麺!

オークションで知り合った、岩手在住のゆきんこさんに、いただいたものです。

暑くなってきたので作ってみましたよ。

冷麺

一口食べて「ん~~!すごいコシ!」

固麺コシ好きのチャカ(主人)は喜んでいました。

スープもピリ辛でおいしい!

こりゃ~ハマりそうです。

今年の夏は盛岡冷麺でキマリですな。

ゆきんこさん、ありがとう!



モ・サモサ
ラジオで紹介されていたのを聞いてから、ずっと気になっていた本を読み終わりました。
ジュンパ ラヒリというインド系移民二世の女性が書いた「停電の夜に」という短編集です。

いや~これ、実におもしろい。
カレーはカレーなんだけど全て味が違うんだな。マトンあり、チキンあり、野菜あり、玉子あり、はたまたカレーヌードルあり。いろんな味で楽しませてくれる一冊。
インドだけにカレーに例えてみました。
大きな事件があるわけじゃないんだけど、こういう心の動きってあるよね~人間だもの、って思わせてくれます。
おまけに、ラヒリさん、写真で見る限り、と~っても美人です!
読書感想文はあまり得意ではないのでどんな内容なのかは新潮社のHPかAmazonを見てもらうとして…。





ぶきようなお話を…

この本読んでたら、サモサというものが食べたくなってしまいました。
となり町に古民家を改装したカリー屋さんがあるんだけど、暴れん坊幼女がいますから、なかなか外に食べにも行けないので、自分で作ってみました。

サモサ

皮も小麦粉をこねて手作りしたのですよ。
なのに、なのに、味見した夫が一言。

「何これ!? 史上最悪にまずいね」

なぬー!怒!もうちょっと思いやりのあるコメントできんのかい!

爆発したい気持ちを押さえて
「こんなもんなんじゃない?私が全部食べるからいいよ」(できるだけ優しく言ったと思う)

爆発して後の食事が気まずくなるくらいなら、私が我慢しよう。あぁ、なんて大人な私。

本物のサモサを食べたことが無いからなんとも言えないのですが、味はそんなにまずくなかったですよ。
おいしい!とも言える味ではなかったけど。

モサモサしてました。もしや、だからサモサ? 
モサモサモサモサ…サモサ!


結局、サモサは次の日の夜まで残り、私が責任を持って食べましたとさ。


むしパンふたたび
mixi日記もこっちに引っ越しました~。なんとなく。よろしく。

予感通り、むしパン作りにハマってしまいました。
第二弾、今度はヨーグルトが入った優しい味のむしパンです。
レシピは→ フワ☆モチ☆優しい味の蒸しパン
ココット型にアルミカップを入れて蒸すと形が良くなるということを知ったので、早速ためしてみたところ、ぷっくりまぁるいかわいいむしパンが出来ました。

うふふ。これでぶきようポイント克服!

蒸しパン01

リッティ(娘)も今度は食べてくれました!やったー!

と思ったら。。。。

蒸しパン02

無惨にも冷蔵庫の横に捨てられてた。
もったいないから、おかあちゃんは拾って食べました。


次は何むしパンを作ろうかしら?


いもむしパン
ドキっとした?
いもむしのパンではなく、芋蒸しパンです。
いちご大福に続く、手作りおやつシリーズ第二段!

蒸しパン

むしょーに芋蒸しパンが食べたくなって作りました。
芋は実家でとれた新さつまいも。
娘のおやつにもいいよね~なんて思ってますが、昼寝しているスキにパクパク食べちゃってます。
甘さ控えめで、小さめサイズなんでついつい手が伸びてしまうのよ。

今回のぶきようポイントは形。蒸し器にぎゅうぎゅうにつめたので三角になっちゃいました。
丸でも三角でもおいしいからいいのだ。
いちご大福よりも格段に進歩してるからいいのだ。

娘の為にも私の為にも、体にやさしいおやつ作りにどんどんチャレンジしてみようかな。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。